.
.
<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ダウンタウン・ヒロの映画館
ヒロのダウンタウンには2つの映画館があります。どちらも今から70年以上前に建てられたもので、2回の大きな津波(1946年と60年)を耐え抜いて、今でも映画を上映しています。

まず一つ目は、ダウンタウン・ヒロのランドマーク、「Palace Theater(パレス・シアター)」。
c0027707_23154181.jpg
1925年に建てられた、当時ハワイ島で一番大きく豪華だった映画館です。“Red Wood”(欧州赤松=広くヨーロッパからアジア北部にかけて分布する高級木材)をふんだんに使って作られた館内は、当時のまま。中に入ると、まるで70年前にタイムスリップしたような気持ちになります。 
現在このシアターでは、映画の他に、コンサート、演劇、ミュージカルなども行われています。

もう一つは、ヒロ湾に面して建つ「Kress Theater(クレス・シアター)」です。

c0027707_2316455.jpg
c0027707_23165721.jpg
1932年に建てられたこのシアターは当時、ヒロではとても珍しいアール・デコ調のデザインで、とても目立っていたそうです。

現在は少し古い映画をなんとたったの$1(約110円)で上映しています!!週末は家族連れなどで賑わっています。

皆さんもヒロのダウンタウンにいらした際には、レトロな映画館に是非立ち寄ってみて下さいね。映画を見なくとも、建物と館内を見るだけでも足を止める価値はありますよ!!
[PR]
by big_jin | 2006-05-25 23:18 | ハワイ島の観光地
ハワイ島のパパイヤ農園
先日、知人のパパイヤ農園を見学しに行きました。
c0027707_18475395.jpg

c0027707_1848920.jpgパパイヤといえば、マンゴーと並んで人気の高い南国フルーツですよね。ハワイでもポピュラーなフルーツで、黄色に熟したものをデザートとして食べる他に、まだ緑の状態のものを千切りにして、サラダにして食べたりもします。ハワイ州で育てられているパパイヤのほとんどは、ハワイ島の東側(プナ地区)で育てられています。

パパイヤの木は風に弱く、強い風が吹くとすぐに倒れてしまうそうです。幹の部分は中が空洞になっていて、樹皮も木化していないので、木と言うよりは草に近いのだとか。

苗の状態から約2年で収穫できるようになり、4年も経つと4~5mの高さに成長します。実は下のものから熟していき、ほぼ1週間に1個のペースで収穫できます。収穫する時は、木で突いて落とします。

c0027707_18483368.jpg
熟したパパイヤ。立派な大きさです!
(僕の手は相撲取り並に大きいので、比較の対象にしないでください)

ハワイ島産のパパイヤは日本でも出回っています。日本へ送るには厳しい検査をパスする必要があるため、蒸気やレーザー等でしっかり殺菌してから発送しています。

c0027707_18492391.jpgc0027707_18493875.jpg
日本で産地直送のパパイヤを食べるのも良いですが、現地で食べる採れたてパパイヤは格別です。皆さんもハワイ島へいらした際は是非、パパイヤ農園を訪れてみてくださいね!
[PR]
by big_jin | 2006-05-21 18:52 | ハワイ島の食べ物
ヒロの地ビール
今回はハワイ島ヒロで作られている地ビール、メハナ・ビールを紹介します。

c0027707_18472.jpgMehana Brewing Company(メハナ・ブリューイング・カンパニー)は、1995年に日系移民のシンドウ・ファミリーによって作られたハワイ島唯一のビール工場。元々は炭酸飲料製造メーカーだったものを、ビール工場に作り変えたのだそうです。

c0027707_17593931.jpg工場内に設けられたギフトショップ兼試飲場では、メハナブランドの6種類のビールを試飲できます。ビールを注いでくれるのは看板娘のタマエさん(左上の写真)。日系2世で日本語も少し話せますよ。

この時一緒だった連れは、顔が真っ赤になるまで真剣に試飲を繰り返していました。タマエさん、MAHALO!

それでは突然ですが、ここのギフト・ショップで売っている物の中から僕が勝手に選んだ「お土産ベスト3」を紹介します。

まず第三位は、、

c0027707_180113.jpgメハナ・ブランドのビール5本セット!
箱付きでなんと$10ポッキリ。お手ごろな価格で5種類のビールを飲み比べする事ができます。

続いて第二位は、、

c0027707_1801327.jpgメハナのロゴ入りビール・グラス!
お値段は$4。このグラスに注げば、どこのビールでもハワイ気分で飲めるはず!

そして栄えある第一位は、、

c0027707_1802889.jpgメハナ・コースター6枚セット!
お値段なんとたったの50セント!サイズも価格もお土産にぴったりです。


ハワイ島ヒロ産の地ビールを楽しめるメハナ・ビール工場、おすすめの穴場スポットです。
[PR]
by big_jin | 2006-05-18 18:04 | ハワイ島の観光地
オヒア・レフアの伝説
c0027707_17493242.jpg左の写真は、ハワイ島の花としても有名な“オヒア・レフア”の木。溶岩質の土壌に強い種で、オーストラリアから、ニュージーランド、ポリネシアの島々を渡り、溶岩大地に覆われていた頃のハワイ諸島に根付いた、ハワイ固有の植物の一つです。

「オヒア・レフア」の“オヒア”は木の部分を、“レフア”はを指します。また、オヒアは男性の名前で、レフアは女性の名前でもあるのです。日本名で例えると、“ダイスケ・ハナコ”といった感じの名前ですね。

この男女の名前を繋げた妙な名前は、ハワイに伝わる悲しい伝説に由来しています。


ある日、ハワイで最も有名な神様の一人、火山の女神ペレさんが、オヒアというカッコ良い男性に一目惚れし、さっそく彼をナンパしました。

しかし、イケメン・オヒアにはフィアンセがいたため、断ります。

嫉妬で怒り狂ったペレさんは、なんとオヒアを醜い木に変えてしまいました。

そのことを知ったフィアンセのレフアは嘆き悲しみ、マウナケアに住む神様ポリアフさん(ペレのライバル)に相談しました。ポリアフさんはオヒアを人間の姿に戻すことはできませんでしたが、レフアをその木に咲く真っ赤な美しい花にしてくれました。

こうして二人は「オヒア・レフア」という一つの木として、ずーっと一緒になれたのでした。

今でも、レフアの花を摘むと雨が降るといわれ、そして、それは2人が離れ離れになってしまった悲しみの涙だといわれています。

c0027707_17495814.jpg
火山の女神ペレが住むと言われるハレマウマウ火口

いやーペレって恐いですね!
この他にもペレにまつわる恐い話はたくさんありますが、それはまた次回という事で!!
[PR]
by big_jin | 2006-05-12 17:51 | ハワイ島の植物さん
ワイメアのジャカランダ
c0027707_10514234.jpg先日、ハワイ島北部の町ワイメアを訪れた際、Jacaranda(ジャカランダ)のお花が満開でした。

ジャカランダは薄紫の花を咲かせる低木で、元々は南米原産。散り方が桜の花に似ていることから、ハワイに移住して来た日系人が好んで植えたそうです。

まさに紫の桜といった感じです。

c0027707_10521876.jpg


c0027707_10523914.jpgあと1~2週間すると、散った花びらで辺り一面が紫の絨毯になり、とても幻想的な世界になります。

ハワイ島ではワイメアの他に、ワイメアからコナに向かう190号線沿い(特にBig Island Country Club周辺)でよく見られます。


皆さんも日本の桜を堪能した後は、是非「ハワイの桜」を見に来てくださいね。
[PR]
by big_jin | 2006-05-07 10:53 | ハワイ島の植物さん