.
.
<   2006年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
ハワイアン・フード in ヒロ
c0027707_10421637.jpgハワイ島ヒロには、おいしいハワイアン・フードを手軽に食べることのできるお店があります。
プリンス・クヒオ・ショッピング・プラザの一角にある「クヒオ・グリル」というお店です。


ここの名物といえば、まずは1LB(約454g)のラウラウ!!

c0027707_2361014.jpgラウラウとは、豚肉や鶏肉等をタロイモの葉で包み、さらにティーリーフの葉で包んで蒸した料理のことです。一人でこれを完食できれば、あなたもハワイアンになれます!!


そして、ポイ、ロミロミサーモン、マウイ・オニオンのハワイアン・フード・セット

c0027707_23111590.jpgポイとは、蒸したタロイモをすり潰してペースト状にしたものです。タロイモは昔のハワイアンの主食で、ハワイアン・フードの中でもとりわけポピュラーな料理の一つです。
ロミロミサーモンは、トマト、タマネギ、サーモンを細かく切って塩を加え、ロミロミ(ハワイ語で“揉み揉み”という意味)した料理のことです。マウイ・オニオンはマウイ島で取れる甘いタマネギです。


ラウラウ、ハワイアン・フード・セット、どれも新鮮で美味しかったです。
クヒオ・グリルはワイピオ渓谷にタロ畑を持っており、これらの料理で使われているラウラウの葉やタロイモは、そこで収穫された正真正銘のメイド・イン・ビッグアイランド素材です!

ハワイ島でハワイアン・フードが食べたくなったら、是非クヒオグリルに行ってみて下さいね。
[PR]
by big_jin | 2006-04-30 23:25 | ハワイ島の食べ物
ハワイ島コナまで小旅行
今回は、あまり知られていない航空会社「Islnad Air」で行く、ヒロからコナまでの小旅行を紹介します。 

ヒロからコナまでの移動手段は車で2時間半以上かけて陸路を行くというのが主流ですが、先日日本からコナに遊びに来た母(年に2回ほど来ます)を迎えに行くために、初めて空路を利用しました。値段が安かったので、「Island Air」という小さな空港会社を選びました。

ヒロ空港から出発する場合、チェックイン・カウンターが他の空港会社と異なり、観光用ヘリコプターのカウンター近くにあります。
チェックインを終え、いざボーディング・ゲートへ!
他会社のゲートは2階なのに、なぜかこの会社はゲートが1階に!
c0027707_14303066.jpg

そして予想通り滑走路を歩かされます。
c0027707_142827100.jpg

プロペラ機という事で多少不安はありましたが、あっという間に離陸。
普段、車で通っているハマクア・コーストを横目に見ます。
c0027707_14331145.jpg

ハマクア・コースト沿いをよく見ると、滝がいくつか見えます。
c0027707_14334023.jpg

いつも休憩するワイメアをいつの間にか通り過ぎ、ワイコロアのリゾート地が見えてきました。
c0027707_143511100.jpg

すると間もなくタイヤが下りてきます。
c0027707_5444550.jpg

綺麗なビーチを過ぎ、、、
c0027707_14395610.jpg

真っ黒い溶岩が見えてきたら
c0027707_14381539.jpg

もう着陸!!飛行時間は30分弱
c0027707_545644.jpg

シーズンによっても異なりますが、この日は片道たったの$17!(車の場合はガソリン代で$30以上します)
時間もお金も節約できて景色が最高!!まさに一石三鳥ですね(こんな言葉はありませんが)!

P.S.ヒロ発の場合、席は左の窓側がお勧めです!!
[PR]
by big_jin | 2006-04-28 15:05 | ハワイ島その他
メリー・モナーク・フェスティバル2006
ハワイ島ヒロにて、先週の20日から3日間、世界で最も有名なフラ・イベントの一つ「メリー・モナーク・フェスティバル」が開催されました。ハワイだけでなく、アメリカ本土や日本でも人気の高いイベントということで、普段は静かなヒロの町もたくさんの人々で活気付きました。

ヒロのダウンタウンにあるアロハシャツ屋さん「シグ・ゼーン」も連日大忙し。
c0027707_1213587.jpg
写真中央がデザイナー兼オーナーのシグさん

22日にはパレードも行われ、町が一段と華やかになりました。
c0027707_956301.jpg
子供達がフラを披露

c0027707_9573592.jpg
トラックの後ろで踊るダンサー達


炎天下の中、一生懸命にパフォーマンスをする人達に惜しみない拍手が送られていました。

午後6時から始まるフラダンスの世界大会では、ハワイ島を始め、オアフ島、マウイ島、カウアイ島、そしてアメリカ本土からはテキサス、カルフォルニアのフラ・ハラウ(フランダンスの教室)が参加して、大会を大いに盛り上げました。
c0027707_10125657.jpg
プイリという竹の楽器を使ったダンスが印象的だったオアフ島のハラウ

c0027707_10161162.jpg
カネ(男性)部門でひときわ黄色い声援が多かったカルフォルニアのハラウ

c0027707_10183795.jpg
白のドレスがとても綺麗だったハラウ


どのハラウも甲乙付けがたい華やかさで、とても美しかったです。
大接戦となった今大会でしたが、
男性部門総合優勝は、オアフ島のチンキー・マホエさんのハラウ、
女性部門総合優勝は、ハワイ島のリム・ファミリーのハラウ、
そして男女総合優勝は、女性部門優勝のリム・ファミリーに決定しました。

ハラウの皆さんも、見学にいらっしゃった皆さんも、お疲れ様でした!!
来年も楽しみです!!
[PR]
by big_jin | 2006-04-26 10:58
ビッグ・アイランド的週末!(後編) 【Mid-Shougoの大海日記】
ALOHA!Mid-Shougoです!

お待たせしました!
ではでは、先週末の続きを話したいと思います。

大興奮の中、ウエットスーツに着替え海に潜ると・・・・・・

c0027707_6222756.jpg

魚、肴、サカナぁ~♪
入った瞬間からアジの群に囲まれました!
もう、水族館のようでした!
初めに断っておきますが、今回の水中写真はこれだけです!!
何時、何処から巨大魚が現れるかもしれないシチュエーションなので、ハンティング
モード全開でした。ごめんなさい。

海の中は、潮の流れは速いは、クジラはすぐそばで跳ねるは、水は綺麗だけど深いは
・・・でとんでもない所でした。

それで、崖登りに支障が出ないくらいの魚を選んで・・・・獲った魚が、こちら!

c0027707_6231741.jpg
左:Omilu(カスミアジ) 右:Knifejaw(イシガキダイ)


魚に詳しくないと分からないと思いますが、ハワイにもイシガキダイがいるので
す!!!!
先祖は日本から黒潮海流によって運ばれて来たとされています。
そのため、ハワイ(特に一番日本から遠いハワイ島東海岸)では超希少種なんです!

イシガキダイを見つけた瞬間、この場所がいかに豊かかが分かりました。
味の方も日本のものと比べて全く遜色無く、僕が思う「ハワイの最高刺身魚」です!

この後、友達十数人で、寿司に、刺身に、アラ汁に・・・・・言葉に表せないくらい
美味しかったです。
ヒロの寿司職人に綺麗に握って貰ったのですが、写真を撮る前に胃の中に納まってし
まいましたとさ。(笑)

注:ハワイのイシガキダイはシガテラ毒を持っている可能性が高いです。
幸いこのイシガキダイにはテストの結果、シガテラ毒の反応は見られませんでした
が、食す前には市販のテストキットで調べることをお勧めします。


<旅のおまけ>
c0027707_6192883.jpg
冗談でロープを引き上げようとする二人。
いや、マジで冗談じゃ済まされないから!!!!!!

しかし、何より無事に帰ってこれて本当に良かったです。

By Mid-Shougo from ハワイ島
[PR]
by big_jin | 2006-04-24 06:25 | Shougo のハワイ島大海日記
インターナショナル・ナイト
先日、ハワイ大学ヒロ校のシアターで、「インターナショナル・ナイト」という催し物がありました。ハワイ大学に通う留学生を中心に各国を代表が出場して、それぞれ国の文化を披露する、お国自慢大会のようなものです。
毎年4月に行われ、ヒロではとても人気があるイベントの一つです。学生$3、一般$5の入場料で見る事ができます。

まず始めは、迫力のある掛け声と共にはじまるハワイ
c0027707_14493267.jpg
カヒコ(古典フラ)のド迫力に、のっけからテンションが上がりました。

その後も太平洋の島々の人たちが、島特有のダンスを次々と披露!
女性の腰の振りが魅力的なタヒチ
c0027707_14524734.jpg

男らしいダンスで会場を沸かせてくれたサモア
c0027707_14534451.jpg

沖縄舞踊と、三線(サンシン)の弾き語りを披露してくれた沖縄
c0027707_14562482.jpg
c0027707_1457267.jpg
心に残る「涙そうそう」を演奏してくれました。


そして我らが日本代表!
c0027707_151539.jpg
和服を着た女性と、
T-シャツ、短パン、サンダルというハワイ3種の神器を身にまとった男性が登場。
男性の方は「司会かな?」と思った矢先、
二人で日本の童謡を披露。
会場もかなりの動揺。

歌はとても上手でした。和みました。

ただ、日本代表の男性!せめて浴衣、もしくはジンベエを着てほしかった、、
ガンバレ ニッポン!!
来年は僕が出て日本代表として相撲でも披露します。
もちろんフンドシ一丁で!



(うそです)
[PR]
by big_jin | 2006-04-20 15:18
ビッグ・アイランド的週末!(前編) 【Mid-Shougoの大海日記】
ALOHA!Mid-Shougoです!

先週末はずっと狙っていたWaipio(ワイピオ)というポイントに潜りに行ってきました!
ハワイ島の東北に位置するワイピオは、常に貿易風の影響を受け波があります。
しかし、先週末は嘘のように風が止み、絶好の魚突き日和となりました!

潜る場所はワイピオの少し南に位置し、4WDを駆使してドンドコドンドコ・・・・
そして到着!

c0027707_1419341.jpg
やったー!海だーーーー!!!

c0027707_14194622.jpg
って・・・・・えっ?

分かりますか?この高さ。
ちょっとした落差、と聞いていましたが、これって崖ジャン!

c0027707_142007.jpg
とりあえず、一番落ちても平気そうな友達を、用意した何とも頼りないロープで下らせてみました。

c0027707_14202941.jpg
平気そうなので後に続きます!!!!

c0027707_14204180.jpg
眼前に広がる未開拓の海!

この一つ一つの岩の大きさ!
ダイナミックな地形に潜む大物を想像して、気分は「突き吉三平」です!

ハワイの海はスピアフィッングが合法なので、誰でも気軽に魚を突く事が出来ます。
自由で良いという反面、魚を突いて売る人(それを糧に生きている訳ではない)もいるため、
大抵のアクセスしやすい浜という浜は乱獲の被害に遭うという問題もあります。
特に、海が綺麗で、いつでも穏やかなコナ(西海岸)はそれが顕著に現れます。

逆に海が常に荒れていて、浜へのアクセスの少ない東海岸は海が生き生きしています。
しかし、開発が進んで、浜へのアクセスができるのも時間の問題なんですよね。。

そんな事を考えながら、ワクワクできるような海に潜ることのできる喜びをかみしめました。

この週末の後半はまた次回にアップします!
楽しみにしていてください!

By Mid-Shougo from ハワイ島
[PR]
by big_jin | 2006-04-18 14:27 | Shougo のハワイ島大海日記
コナ式飛行機の降り方
ハワイ島のコナ国際空港には毎朝、日本からの直行便が到着します。
c0027707_13183017.jpg
さすがジャンボジェット機!とにかくデカイです。
c0027707_1320175.jpg
コナ空港には一般的な国際空港のように、大きな建物がありません。
c0027707_1328989.jpg
到着した飛行機は滑走路に止まり、乗客はそこから階段で降り、空港の建物まで滑走路を歩きます。
c0027707_1545247.jpg
ジャンボジェット機から階段で直接滑走路に降りるなんて、ちょっとVIP気分ですよね。
[PR]
by big_jin | 2006-04-16 13:37
プルメリア
先日、コナに行った時に真っ赤なプルメリアを発見!あまりに鮮やかで綺麗だったので、観光客の方々が沢山いる中、気付いたら人目もはばからずに写真を撮っていました。
c0027707_14434350.jpg
ハワイアン・ジュエリーや、ハワイアン・キルトの柄としてよく使われているプルメリアは、すっかりハワイの花として定着しつつありますが、実は中南米原産のお花なのです。
c0027707_14343149.jpg
また、東南アジアでは寺院や墓地に植えられ、地域によっては「死者の花」とも呼ばれているそうです。
c0027707_14354042.jpg
香りの良いプルメリアのレイはハワイでとても人気がありますが、病院などのお見舞いや、お年寄りへの贈り物としてはあまりふさわしくないようです。

日本で言うところの、お見舞いに菊のお花を持って行くようなものなんでしょうね。
[PR]
by big_jin | 2006-04-10 15:02 | ハワイ島の植物さん
ハワイ島から見える島
ハワイ諸島の端(南東)にあるのが、僕の住んでいるハワイ島です。
ここから北西に向かって島が連なっているのですが、すぐ隣にあるマウイ島とハワイ島北端の距離は、約70kmしか離れていません。ですので、天気が良ければハワイ島から隣の島を見ることができます。

c0027707_9405842.jpg
コハラ・コーストから見たマウイ島

c0027707_9451951.jpg
ハマクア・コーストからも見えます

マウイ島にはハレアカラ(標高3055m)という大きな山があるため、島の北部からよく見えます。また運が良ければ、その横にあるカホオラべ(Kaho'olawe)島も肉眼で見ることができます。

c0027707_9493321.jpg
ワイコロア付近にて撮影

ハワイ諸島が乗っている太平洋プレートは毎年数cmずつ日本方面に動いてるので、いつかハワイ島から日本が見える時が来るのかもしれませんね。
気長に待ちましょう!(100億年ほど)

by 大型日本人ガイドBIG-JIN
[PR]
by big_jin | 2006-04-08 09:52 | ハワイ島その他
ハワイ大学ヒロ校の授業【Mid-Shougoのハワイ島大海日記】
Aloha! Mid-Shougoです!

実は、僕はハワイ大学マリンサイエンス学部の学生でもあります。
今日は授業で、ハワイ島Puna地区にある環境保護区Kapoho(カポホ)に行ってきました!
ここには大きなタイドプール(磯に出来た潮だまり)があって、誰でも安全にシュノーケリングが楽しめます!
授業の内容は、「シュノーケリングを用いた一区間の魚種量調査」といったところでしょうか?
僕は「書き留めるより撮る方が簡単だから」という理由でカメラを持たせてもらいました(嬉)。
とにかく水が綺麗で、魚種も豊富で、しかも浅いので、写真を撮るには最適です!

c0027707_1341796.jpg
調査とはこのように、ボードに確認した魚を記録していくというものです。

c0027707_13412222.jpg
これがその時作った最高のバブルリングに、

c0027707_13413523.jpg
その日のベストショットです!


え?調査はどうしたって?
名目上は「調査」ですが、先生も生徒に息抜きの時間を与えてくれたのだと思いま
す。(希望的観測)

こんな授業が受けたい方は是非ハワイ大学ヒロ校へ!!!!

by Mid-Shougo from ハワイ島
[PR]
by big_jin | 2006-04-04 13:43 | Shougo のハワイ島大海日記