.
.
カテゴリ:ハワイの文化( 14 )
ツルのお持ち帰り
日本には「甘栗むいちゃいました」という人気商品がありますが、
ハワイ島で人気なのがこれ。
c0027707_20353011.jpg
“Tsurus To Go”

直訳すると「お持ち帰り鶴」。
日本で売るなら

「折り鶴おっちゃいました」

で決まりですね。
完成した折り鶴が12個入ってお値段なんと$2.99(約320円)!!

c0027707_2035851.jpg
手が大きくて上手くツルが折れない僕のような人間からすると、涙が出るほど嬉しい商品です。あの子が病気になった時、8月6日、いろんな時にこれがあると助かります。

日本じゃ売れないですよね、、
[PR]
by big_jin | 2006-02-23 20:40 | ハワイの文化
ハイリフト
ハワイ島では車の改造に力を入れる人が多く、車高を上げるハイリフトという改造が特に人気があります。

例えばこれがノーマルのトラックで、
c0027707_1730467.jpg

これがハイリフト仕様のトラック。
c0027707_1732571.jpg


さらに、
これがノーマルのゴルフカートで、
c0027707_17342113.jpg

これがハイリフト仕様のゴルフカート
c0027707_1735662.jpg

遊び心たっぷりですよね!(乗り降りに苦労しそうですが)
[PR]
by big_jin | 2006-02-21 17:42 | ハワイの文化
ハワイの旗
c0027707_8193336.jpg
上の写真、どこの旗だかご存知ですか?
よく見るとオーストラリア国旗のようにイギリスのユニオンジャックが入っていますが、これはハワイの州旗です。(ハワイ通の方々にはわかりきった話ですみません)

その昔カメハメハ一世の親友、イギリス人船長のバンクーバー船長がフランスやロシアなどの他国からハワイ諸島を守るため、イギリス国旗を掲げたのがハワイ州旗の始まりだと言われています。その後、赤青白でハワイ8島を表すラインが入れられ、現在の形になりました。

c0027707_20225137.jpg

一方で上の写真は、ハワイアンの居住地などでよくみかける、上下逆さまに掲げられた州旗。白人支配への反発心を示しているそうです。(カラパナにて撮影)

ユニオンジャックの話を聞いただけだと、カメハメハ一世とイギリス船長の友情物語のように思えますが、暗い裏事情もあるんですね。ハワイの歴史は奥深いです。
[PR]
by big_jin | 2006-01-09 20:25 | ハワイの文化
ハワイ島の大晦日
正月の早朝からツアーが入っているので、大晦日は早寝しようと試みたのですが・・、

うるさくて寝られませんでした

そう、ハワイの大晦日は貴重な花火の解禁日(一年で大晦日と独立記念日の2日のみ)。
9時ごろから近所でも爆竹の音が鳴り響き始めました。
家のすぐ前では、
c0027707_21433539.jpg
電話しながら爆竹に火をつけています。(会話にならないはず)

寝れなくて困っていたら近所に住む友達から電話。
「今からうちで花火やるから見に来いよ!」
と誘われたので、これも取材だと開き直って出かけることにしました。

友達宅のガレージには花火が詰まったダンボールの山が!!
c0027707_21475874.jpg
とにかくすごい量。
今年その家族では約$3000(約33万円)の花火を買ったそうです。
その中で一番最初にやり始めたのはこれ。
c0027707_2150588.jpg
大量の爆竹!!

c0027707_21515076.jpg
これらの爆竹を鉄のポールにつないで、火をつけます。
c0027707_21521352.jpg
c0027707_2152246.jpg
c0027707_21523815.jpg
ものすごい音と共に長い爆竹の束がどんどん短くなって最後にまとめて爆発。
「この音によって悪霊を追い払うのよ!!」と友達のお母さん。
悪魔祓いの花火に$3000払うくらいなら、僕が体張って悪魔を祓うので$100ください!

豪華な花火を一通り見て、帰ってペヤング(年越しヤキソバ)食べて寝ました。
そんな大晦日でした。
[PR]
by big_jin | 2006-01-02 21:37 | ハワイの文化
ハワイのスリッパ文化
先日、ゴルフショップであるものを発見。
c0027707_17213593.jpg
一見ただのサンダルですが、、

裏を返すと、

c0027707_172445.jpg
ゴルフ用のスパイクが!!
暑い夏には最適ゴルフスリッパー!!

おそらくハワイでしか使えません。
[PR]
by big_jin | 2005-12-27 17:25 | ハワイの文化
茶室
日系人によって作られたヒロ近郊のリリウオカラニ公園内には鳥居、灯篭、太鼓橋の他に、
なんと茶室があります。
c0027707_18339100.jpg
日本の裏千家の方から寄贈されたそうです。
c0027707_1841652.jpg
月に数回、ここでお茶会が開かれ、地元の人々がお茶を立てに集まります。
c0027707_18132283.jpg
ハワイでお茶会。
この違和感が逆にお洒落ですよね。
[PR]
by big_jin | 2005-12-09 18:15 | ハワイの文化
ルーフ・キャッチメント
下の家は僕がハワイ島に来て間もない頃住んでいた家です。
c0027707_148101.jpg

うっそうとしたジャングルの中にあって、
毎晩寒いので電気毛布で寝ていたのを思い出します。

住み始めて最初の数ヶ月は「新しい生活環境に慣れる」ことに精一杯で、細かいことはあまり気にならなかったのですが、
しばらくすると家の前にある汚いタンクがすごく気になり始めました。
c0027707_14175870.jpg

慣れない英語で家の世話をしてくれていたおじさんに聞いてみると、

僕 「What is this?」 (何これ?)
おじさん 「That’s ya Water」 (これお前の水)
僕 「???

その後数分間におよぶ彼の身振り手振りを含めた説明によって、
ついに「僕の水」の真実がわかりました。

c0027707_14261316.jpg


僕が毎日水道水だと思って飲んでいた水は、屋根から雨樋をつたって、この汚いタンクに一旦貯められ、そこから家の中へ供給されていた

雨水

だったのです。

この家が建っている一帯には水道管が通っておらず、周りの家はみんなこの「ルーフキャッチメント」と呼ばれる画期的(?)なシステムで生活水を手に入れているのです。(タンクの中でろ過、浄水されるので、それほど汚くはありません)
[PR]
by big_jin | 2005-10-22 14:09 | ハワイの文化
ハワイのお墓
ハワイ島ヒロ近郊にある墓場の写真です。
c0027707_15451615.jpg

さすが日系人の町ヒロ!日本式の墓だらけ。
詳しく見てみると、ちょっとしたハワイの歴史を垣間見ることができます。

お墓に刻まれている名前ですが、漢字で「OO家」と彫られているものと、ローマ字で彫られているものとに分けられます。よく調べてみると、1942年から1960年代初頭にかけて、ローマ字が多いことに気付きます。

第2次世界大戦中、日系人の多くは迫害を避けるため「日系」というアイデンティティーを捨てた(もしくは捨てるふりをした)そうです。日本の文化を捨て、漢字を使うことも避けました。
自分たちはアメリカ人なんだという事を証明するために、
お墓にローマ字で名前を彫ったのですね。

c0027707_15595056.jpg

ちなみにこれはモルモン教のお墓。
その他にもカトリック系とか、色々セクションで分けられていました。

墓場で写真を撮ってる僕は傍から見たらかなり不謹慎で怪しかったと思います。
[PR]
by big_jin | 2005-09-13 16:08 | ハワイの文化
ハワイの盆踊り
ハワイの夏の風物詩と言えばBON DANCE!
そう、ハワイでも毎年お盆の季節になると色々な寺院で盆ダンス〈盆踊り〉が行われる。
日本人の移民が、日本の夏を懐かしみ始められたこのイベントは現在もハワイの文化に根強く浸透している。
昨晩は早速ヒロ本願寺で行われた盆ダンスにいってきた。
夜の静かなヒロの町に響く日本民謡。
やぐらの周りで浴衣を着た老若男女が楽しそうに踊っている。
一瞬どこにいるのかを忘れるくらいの盛り上がり。
外人が浴衣を着ながらパーフェクトな盆踊りを披露する。
日本代表として踊りに参加したがなかなかうまく踊れない。
日本人として悔しい一方、日本で失われつつある文化が今こうして外国で若者にも受け入れられ続けられていることにすごく感動した。
終盤みんなも踊りに飽きてきて櫓の周りから離れ、殆どの人が出店で買ったシェーブアイス〈カキ氷〉、ホットドックを食べながら余韻を楽しんでいた。
その時
聞き覚えのある音楽が流れ始めた!
「何だっけ?」っと思い出してるうちにさっきまでマッタリしていた人たちが一斉に櫓の周りに集まる。
「さわーやかーな太陽~♪」
と同時にみんながそれにあわせて踊りだす。
ハワイ島の盆踊りでは田中セイジのビューティフルサンデーが一番盛り上がるそうだ。
僕も気付いたら食べていたシェーブアイスを置き、ビューティフルサンデーの曲にあわせてローカルの人たちと盆踊りをしていました。
ものすごく不思議な体験でした。
これはぜひ日本の皆様にも参加してほしいです。
今後のハワイ島の盆ダンスのスケジュールは以下の通りです。

7月
16日 ホノカア本願寺、カーチスタウン本願寺
15&16日 ヒロ本願寺〈別院〉
23日 ヒロホーガン寺、 コナ本願寺
30 パパアロア本願寺、タイショウ寺

8月
6日 ハヴィ浄土ミッション、パアウイロ 金剛寺
13日 ヒロ東本願寺、ハマクア浄土ミッション、コナ高野山ミッション
20日 カムエラ本願寺、ハカラウ浄土ミッション
26日 ヒロ日蓮ミッション
27日 パホアYBA、ホノヒナ本願寺

失いかけている日本の素晴らしい文化がここハワイ島にまだ残っています。
誰でも踊りの輪に入れてくれますよ!
c0027707_1281861.jpg

[PR]
by big_jin | 2005-07-17 12:09 | ハワイの文化
HONGWAN JI
こちらはプナルウ本願寺
20年前は100人以上の檀家がいたそうです。
しかしここ数年殆ど人が来なくなり、現在は閉館していました。
中を見てみたら立派な仏壇がありました。
c0027707_1711744.jpg


外にはお墓が、、
c0027707_1745747.jpg

どこか寂しくて、過疎化が進んだ日本の田舎のようでした。
[PR]
by big_jin | 2005-06-17 17:09 | ハワイの文化