.
.
カテゴリ:ハワイ島の観光地( 30 )
ダウンタウン・ヒロの映画館
ヒロのダウンタウンには2つの映画館があります。どちらも今から70年以上前に建てられたもので、2回の大きな津波(1946年と60年)を耐え抜いて、今でも映画を上映しています。

まず一つ目は、ダウンタウン・ヒロのランドマーク、「Palace Theater(パレス・シアター)」。
c0027707_23154181.jpg
1925年に建てられた、当時ハワイ島で一番大きく豪華だった映画館です。“Red Wood”(欧州赤松=広くヨーロッパからアジア北部にかけて分布する高級木材)をふんだんに使って作られた館内は、当時のまま。中に入ると、まるで70年前にタイムスリップしたような気持ちになります。 
現在このシアターでは、映画の他に、コンサート、演劇、ミュージカルなども行われています。

もう一つは、ヒロ湾に面して建つ「Kress Theater(クレス・シアター)」です。

c0027707_2316455.jpg
c0027707_23165721.jpg
1932年に建てられたこのシアターは当時、ヒロではとても珍しいアール・デコ調のデザインで、とても目立っていたそうです。

現在は少し古い映画をなんとたったの$1(約110円)で上映しています!!週末は家族連れなどで賑わっています。

皆さんもヒロのダウンタウンにいらした際には、レトロな映画館に是非立ち寄ってみて下さいね。映画を見なくとも、建物と館内を見るだけでも足を止める価値はありますよ!!
[PR]
by big_jin | 2006-05-25 23:18 | ハワイ島の観光地
ヒロの地ビール
今回はハワイ島ヒロで作られている地ビール、メハナ・ビールを紹介します。

c0027707_18472.jpgMehana Brewing Company(メハナ・ブリューイング・カンパニー)は、1995年に日系移民のシンドウ・ファミリーによって作られたハワイ島唯一のビール工場。元々は炭酸飲料製造メーカーだったものを、ビール工場に作り変えたのだそうです。

c0027707_17593931.jpg工場内に設けられたギフトショップ兼試飲場では、メハナブランドの6種類のビールを試飲できます。ビールを注いでくれるのは看板娘のタマエさん(左上の写真)。日系2世で日本語も少し話せますよ。

この時一緒だった連れは、顔が真っ赤になるまで真剣に試飲を繰り返していました。タマエさん、MAHALO!

それでは突然ですが、ここのギフト・ショップで売っている物の中から僕が勝手に選んだ「お土産ベスト3」を紹介します。

まず第三位は、、

c0027707_180113.jpgメハナ・ブランドのビール5本セット!
箱付きでなんと$10ポッキリ。お手ごろな価格で5種類のビールを飲み比べする事ができます。

続いて第二位は、、

c0027707_1801327.jpgメハナのロゴ入りビール・グラス!
お値段は$4。このグラスに注げば、どこのビールでもハワイ気分で飲めるはず!

そして栄えある第一位は、、

c0027707_1802889.jpgメハナ・コースター6枚セット!
お値段なんとたったの50セント!サイズも価格もお土産にぴったりです。


ハワイ島ヒロ産の地ビールを楽しめるメハナ・ビール工場、おすすめの穴場スポットです。
[PR]
by big_jin | 2006-05-18 18:04 | ハワイ島の観光地
ハワイ島のKAWAおじさん
先日ハワイ島のカラパナ地区(島南東部にある溶岩に飲み込まれた町)に行った時、真っ黒い溶岩の上でハワイアンらしきおじさんが何かを棒で突いていました。
興味をそそられて話しかけてみると、このおじさんはジェリーという名前のハワイアンで、天気が良いので「KAWA」という植物の根を天日干しにしているのだと教えてくれました。とてもフレンドリーで感じの良いおじさんです。
c0027707_17364259.jpg
彼はこの根を乾かし、粉にして売っているそうです。

KAWAはコショウ科の植物で、ハワイアンの人が儀式(カヴァ・セレモニー)に使うことで有名な薬草のようなもの。粉を水に溶かし飲むと筋肉がリラックスし、お酒に酔ったような状態になります。あまり飲み過ぎると立ち上がれなくなるそうです。以前飲まされたことがあって、吐きそうになりました。

c0027707_17422547.jpg
このKAWA、ハワイでは大昔から飲まれていましたが、キリスト教が普及する中で、人々を堕落させる悪い物だとして禁止されてしまったそうです。しかし、近年のハワイアン文化を見直す動きと共に再び飲まれるようになってきました。

c0027707_1743146.jpg
その後ジェリーさんの熱弁が20分ほど続きましたが、炎天下のため脳みそがショートしたらしく、あまり覚えていません。

ちなみにKAWAの植物はこんな形だそうです。
c0027707_17444511.jpg
カラパナでこのT-シャツを着て木の根を乾かしている人がいたら、間違い無くジェリーさんだと思いますので、是非話しかけてみてください。KAWAの話を必要以上に詳しく説明してくれますよ。(日射病に備え帽子、お水等を忘れずに)
[PR]
by big_jin | 2006-02-15 17:50 | ハワイ島の観光地
ハワイ島の心霊写真
ハワイ島ボルケーノ・ナショナル・パーク内にあるボルケーノ・ハウスには、1874年から燃え続けている暖炉の他に、もう一つお勧めの見所があります。
c0027707_2024665.jpg
それはハレマウマウ火口に住むといわれている火山の女神ペレの心霊写真です。

心霊写真その1
c0027707_2031877.jpg
この煙の中にペレの顔があるそうなのですが、、
c0027707_2044840.jpg
どのあたりに顔があるのか、いまいち分かりづらいですね。

その2
c0027707_2052882.jpg
煙の中にペレらしき顔があります。
c0027707_2061795.jpg
これはちょっとコワイですよね。

ボルケーノハウスに行かれた際は、是非実物を探してみてください。
鳥肌がたちます。
[PR]
by big_jin | 2006-02-11 20:13 | ハワイ島の観光地
ハワイ島ヒロに人が押し寄せる日
最も有名なフラダンスの世界大会メリー・モナーク・フェスティバル(Merrie Monarch Festival)が、今年も4月20から3日間にわたってハワイ島ヒロで開催されます。いつもは静かでのんびりしたヒロも、その時期だけはホノルルのような人と活気に満ち溢れ、ほとんどの宿泊施設が満室となります。ヒロの経済にとっては無くてはならないイベントですね。

その大会が開かれる会場は、僕が住んでいる家のすぐ近所にあります。
c0027707_1844402.jpg
エディス・カナカオレ・スタジアムというこの名前は、ハワイ島で有名なクムフラ(フラの先生)の名前をとって付けられました。僕がハワイ大学ヒロ校でハワイ文化を習った先生(プアラニ・カナヘレ)の母親にあたる人で、フラ界では伝説的な方なのだそうです。

このスタジアムは普段はテニス場として使われていて、気軽に中に入る事ができます。
c0027707_18494072.jpg
この日は3,4人が寂しくテニスをしていました。
こんな寂しいテニスコートが、大会の時は・・

c0027707_18502034.jpg
こんな多くの人で埋め尽くされ、華やかに盛り上がります。

静かでのんびりしたところがヒロの魅力だと思うのですが、一年に数日間だけでも賑やかになると、それはそれで嬉しいものですね。
[PR]
by big_jin | 2006-02-07 19:13 | ハワイ島の観光地
ハワイ島のほぼ中心、フルフルの丘
ハワイ島のマウナケア山とマウナロア山の間を東西に走るサドルロードの中ほど、マウナケア山頂へ続く道の手前に”プウ・フルフル(Pu‘u Huluhulu)”という小山があります(プウはハワイ語で丘の意味)。
c0027707_1783549.jpg
小山には頂上まで続く小道があって、そこを歩くとハワイ固有の植物を見る事ができます。
c0027707_17142429.jpg
この花はプアカラ(ハワイアンポピー)とよばれるケシ科の植物です。
近年、持ち込まれた外来種が繁殖している影響で、他の場所ではほとんど見る事ができなくなったハワイ固有種の一つです。
そのほかにもサンダルウッド(白檀)なども見られると聞いていたのですが、この日は見つけられませんでした。

このような珍しい植物以外にも、山の上からは壮大な景色を眺めることができます。
c0027707_1718692.jpg
かなり穴場ですが、サドルロードを通った際にはぜひ車を停めて、歩いてみてください。
少し肌寒く、澄んだ空気が気持ち良いですよ。
[PR]
by big_jin | 2006-01-30 17:06 | ハワイ島の観光地
ハワイ島のサーフスポット
ハワイ島ではオアフ島のノースショアのように、20フィート級の大きな波が立つ事は少ないのですが、コナ方面には冬になると良い波が入るポイントがいくつかあります。
c0027707_1515812.jpg
コナのアリイドライブ沿い、マジックサンドビーチ付近のポイント

波は大小はともかく、ハワイ島の良さは人が少ないということです。
このポイントでも海に出ているのはボディーボーダー2人のみでした。

c0027707_1524912.jpg
のんびりサーフィンをするならハワイ島をお勧めします。
[PR]
by big_jin | 2006-01-22 15:32 | ハワイ島の観光地
ハワイ島ホノム
ハワイ島ヒロから車で19号線(ハマクアコースト)を約20分北上し、アカカの滝方面へ左折すると、60年代にタイムスリップしたような小さな町並みが見えてきます。
c0027707_15344075.jpg
サトウキビ産業が盛んだった時代に栄えたホノム(Honomu)という町です。
道沿いにある建物の殆どが70年以上前に建てられたものばかりで、まるで映画のセットのようです。写真中央の車がそんな町にうまく溶け込んでいますね。

c0027707_1612761.jpg
この車は60年代のレンジーローバーで、写真を撮っていたらヒゲ面の白人のオーナーが近づいて来て、$5000(約55万円)で売ってくれるとのこと。
「レンジローバーは古くてもどこまででも走るよ!
と自信満々に言っていました。

それからアカカの滝を見て、コナに向う途中、車道に止まっている見覚えのある車を発見。
同じく見覚えのあるヒゲ面のおじさんはボンネットを開け、エンジンを見ながら首を傾げていました。

ちゃんと修理してどこまでも走り続けてもらいたいものです。
[PR]
by big_jin | 2006-01-20 15:33 | ハワイ島の観光地
ミニチュア教会
先日小さな郵便局を紹介しましたが、今回は小さな教会を紹介します。
c0027707_19273657.jpg
OLD PAHOAの交差点のすぐ脇にある教会なんですが、以前から気になっていました。

どのくらい小さいかというと・・



c0027707_19284556.jpg
このくらいです。

c0027707_1930646.jpg
小さくてもしっかりしたドアがついてます。

中を覗くと・・

c0027707_19304029.jpg
ハワイらしいトロピカルな壁画が描かれています。
おそらく(というか絶対)僕は入れませんが、池野めだ○さんだったら入れるような気がします。

メネフネ(カウアイ島に住んでいたという伝説上の小人族)の教会なのかもしれませんね。
[PR]
by big_jin | 2005-12-07 19:25 | ハワイ島の観光地
大きな島の小さな郵便局
ハマクアコースト沿いにあるニノオレという小さな町にある郵便局。
c0027707_1824068.jpg
実は全米一小さな郵便局なんだそうです。
一見すると小さな民家のようで、とても郵便局とは思えませんが、
c0027707_1834462.jpg
これもまた小さな窓口から中を覗くと、、、
c0027707_1842749.jpg
荷物を計る秤が置いてあって、ちゃんとしたオフィスになっています。

ここに投函すると「NINOOLE」 というハンコを押してもらえます。
「全米一小さな郵便局から出しました」
と一言添えて手紙を出すのも良いかもしれないですね。
[PR]
by big_jin | 2005-11-29 17:57 | ハワイ島の観光地