.
.
ハワイ島のパパイヤ農園
先日、知人のパパイヤ農園を見学しに行きました。
c0027707_18475395.jpg

c0027707_1848920.jpgパパイヤといえば、マンゴーと並んで人気の高い南国フルーツですよね。ハワイでもポピュラーなフルーツで、黄色に熟したものをデザートとして食べる他に、まだ緑の状態のものを千切りにして、サラダにして食べたりもします。ハワイ州で育てられているパパイヤのほとんどは、ハワイ島の東側(プナ地区)で育てられています。

パパイヤの木は風に弱く、強い風が吹くとすぐに倒れてしまうそうです。幹の部分は中が空洞になっていて、樹皮も木化していないので、木と言うよりは草に近いのだとか。

苗の状態から約2年で収穫できるようになり、4年も経つと4~5mの高さに成長します。実は下のものから熟していき、ほぼ1週間に1個のペースで収穫できます。収穫する時は、木で突いて落とします。

c0027707_18483368.jpg
熟したパパイヤ。立派な大きさです!
(僕の手は相撲取り並に大きいので、比較の対象にしないでください)

ハワイ島産のパパイヤは日本でも出回っています。日本へ送るには厳しい検査をパスする必要があるため、蒸気やレーザー等でしっかり殺菌してから発送しています。

c0027707_18492391.jpgc0027707_18493875.jpg
日本で産地直送のパパイヤを食べるのも良いですが、現地で食べる採れたてパパイヤは格別です。皆さんもハワイ島へいらした際は是非、パパイヤ農園を訪れてみてくださいね!
[PR]
by big_jin | 2006-05-21 18:52 | ハワイ島の食べ物
<< ダウンタウン・ヒロの映画館 ヒロの地ビール >>