「ほっ」と。キャンペーン
.
.
お知らせ
moblog_240.gifマイカイ・オハナ・ツアーズのオフィシャルブログを新設しました。新しい記事はこちらをご覧ください!


[PR]
# by big_jin | 2011-11-22 08:19
ダウンタウン・ヒロの映画館
ヒロのダウンタウンには2つの映画館があります。どちらも今から70年以上前に建てられたもので、2回の大きな津波(1946年と60年)を耐え抜いて、今でも映画を上映しています。

まず一つ目は、ダウンタウン・ヒロのランドマーク、「Palace Theater(パレス・シアター)」。
c0027707_23154181.jpg
1925年に建てられた、当時ハワイ島で一番大きく豪華だった映画館です。“Red Wood”(欧州赤松=広くヨーロッパからアジア北部にかけて分布する高級木材)をふんだんに使って作られた館内は、当時のまま。中に入ると、まるで70年前にタイムスリップしたような気持ちになります。 
現在このシアターでは、映画の他に、コンサート、演劇、ミュージカルなども行われています。

もう一つは、ヒロ湾に面して建つ「Kress Theater(クレス・シアター)」です。

c0027707_2316455.jpg
c0027707_23165721.jpg
1932年に建てられたこのシアターは当時、ヒロではとても珍しいアール・デコ調のデザインで、とても目立っていたそうです。

現在は少し古い映画をなんとたったの$1(約110円)で上映しています!!週末は家族連れなどで賑わっています。

皆さんもヒロのダウンタウンにいらした際には、レトロな映画館に是非立ち寄ってみて下さいね。映画を見なくとも、建物と館内を見るだけでも足を止める価値はありますよ!!
[PR]
# by big_jin | 2006-05-25 23:18 | ハワイ島の観光地
ハワイ島のパパイヤ農園
先日、知人のパパイヤ農園を見学しに行きました。
c0027707_18475395.jpg

c0027707_1848920.jpgパパイヤといえば、マンゴーと並んで人気の高い南国フルーツですよね。ハワイでもポピュラーなフルーツで、黄色に熟したものをデザートとして食べる他に、まだ緑の状態のものを千切りにして、サラダにして食べたりもします。ハワイ州で育てられているパパイヤのほとんどは、ハワイ島の東側(プナ地区)で育てられています。

パパイヤの木は風に弱く、強い風が吹くとすぐに倒れてしまうそうです。幹の部分は中が空洞になっていて、樹皮も木化していないので、木と言うよりは草に近いのだとか。

苗の状態から約2年で収穫できるようになり、4年も経つと4~5mの高さに成長します。実は下のものから熟していき、ほぼ1週間に1個のペースで収穫できます。収穫する時は、木で突いて落とします。

c0027707_18483368.jpg
熟したパパイヤ。立派な大きさです!
(僕の手は相撲取り並に大きいので、比較の対象にしないでください)

ハワイ島産のパパイヤは日本でも出回っています。日本へ送るには厳しい検査をパスする必要があるため、蒸気やレーザー等でしっかり殺菌してから発送しています。

c0027707_18492391.jpgc0027707_18493875.jpg
日本で産地直送のパパイヤを食べるのも良いですが、現地で食べる採れたてパパイヤは格別です。皆さんもハワイ島へいらした際は是非、パパイヤ農園を訪れてみてくださいね!
[PR]
# by big_jin | 2006-05-21 18:52 | ハワイ島の食べ物
ヒロの地ビール
今回はハワイ島ヒロで作られている地ビール、メハナ・ビールを紹介します。

c0027707_18472.jpgMehana Brewing Company(メハナ・ブリューイング・カンパニー)は、1995年に日系移民のシンドウ・ファミリーによって作られたハワイ島唯一のビール工場。元々は炭酸飲料製造メーカーだったものを、ビール工場に作り変えたのだそうです。

c0027707_17593931.jpg工場内に設けられたギフトショップ兼試飲場では、メハナブランドの6種類のビールを試飲できます。ビールを注いでくれるのは看板娘のタマエさん(左上の写真)。日系2世で日本語も少し話せますよ。

この時一緒だった連れは、顔が真っ赤になるまで真剣に試飲を繰り返していました。タマエさん、MAHALO!

それでは突然ですが、ここのギフト・ショップで売っている物の中から僕が勝手に選んだ「お土産ベスト3」を紹介します。

まず第三位は、、

c0027707_180113.jpgメハナ・ブランドのビール5本セット!
箱付きでなんと$10ポッキリ。お手ごろな価格で5種類のビールを飲み比べする事ができます。

続いて第二位は、、

c0027707_1801327.jpgメハナのロゴ入りビール・グラス!
お値段は$4。このグラスに注げば、どこのビールでもハワイ気分で飲めるはず!

そして栄えある第一位は、、

c0027707_1802889.jpgメハナ・コースター6枚セット!
お値段なんとたったの50セント!サイズも価格もお土産にぴったりです。


ハワイ島ヒロ産の地ビールを楽しめるメハナ・ビール工場、おすすめの穴場スポットです。
[PR]
# by big_jin | 2006-05-18 18:04 | ハワイ島の観光地
オヒア・レフアの伝説
c0027707_17493242.jpg左の写真は、ハワイ島の花としても有名な“オヒア・レフア”の木。溶岩質の土壌に強い種で、オーストラリアから、ニュージーランド、ポリネシアの島々を渡り、溶岩大地に覆われていた頃のハワイ諸島に根付いた、ハワイ固有の植物の一つです。

「オヒア・レフア」の“オヒア”は木の部分を、“レフア”はを指します。また、オヒアは男性の名前で、レフアは女性の名前でもあるのです。日本名で例えると、“ダイスケ・ハナコ”といった感じの名前ですね。

この男女の名前を繋げた妙な名前は、ハワイに伝わる悲しい伝説に由来しています。


ある日、ハワイで最も有名な神様の一人、火山の女神ペレさんが、オヒアというカッコ良い男性に一目惚れし、さっそく彼をナンパしました。

しかし、イケメン・オヒアにはフィアンセがいたため、断ります。

嫉妬で怒り狂ったペレさんは、なんとオヒアを醜い木に変えてしまいました。

そのことを知ったフィアンセのレフアは嘆き悲しみ、マウナケアに住む神様ポリアフさん(ペレのライバル)に相談しました。ポリアフさんはオヒアを人間の姿に戻すことはできませんでしたが、レフアをその木に咲く真っ赤な美しい花にしてくれました。

こうして二人は「オヒア・レフア」という一つの木として、ずーっと一緒になれたのでした。

今でも、レフアの花を摘むと雨が降るといわれ、そして、それは2人が離れ離れになってしまった悲しみの涙だといわれています。

c0027707_17495814.jpg
火山の女神ペレが住むと言われるハレマウマウ火口

いやーペレって恐いですね!
この他にもペレにまつわる恐い話はたくさんありますが、それはまた次回という事で!!
[PR]
# by big_jin | 2006-05-12 17:51 | ハワイ島の植物さん
ワイメアのジャカランダ
c0027707_10514234.jpg先日、ハワイ島北部の町ワイメアを訪れた際、Jacaranda(ジャカランダ)のお花が満開でした。

ジャカランダは薄紫の花を咲かせる低木で、元々は南米原産。散り方が桜の花に似ていることから、ハワイに移住して来た日系人が好んで植えたそうです。

まさに紫の桜といった感じです。

c0027707_10521876.jpg


c0027707_10523914.jpgあと1~2週間すると、散った花びらで辺り一面が紫の絨毯になり、とても幻想的な世界になります。

ハワイ島ではワイメアの他に、ワイメアからコナに向かう190号線沿い(特にBig Island Country Club周辺)でよく見られます。


皆さんも日本の桜を堪能した後は、是非「ハワイの桜」を見に来てくださいね。
[PR]
# by big_jin | 2006-05-07 10:53 | ハワイ島の植物さん
ハワイアン・フード in ヒロ
c0027707_10421637.jpgハワイ島ヒロには、おいしいハワイアン・フードを手軽に食べることのできるお店があります。
プリンス・クヒオ・ショッピング・プラザの一角にある「クヒオ・グリル」というお店です。


ここの名物といえば、まずは1LB(約454g)のラウラウ!!

c0027707_2361014.jpgラウラウとは、豚肉や鶏肉等をタロイモの葉で包み、さらにティーリーフの葉で包んで蒸した料理のことです。一人でこれを完食できれば、あなたもハワイアンになれます!!


そして、ポイ、ロミロミサーモン、マウイ・オニオンのハワイアン・フード・セット

c0027707_23111590.jpgポイとは、蒸したタロイモをすり潰してペースト状にしたものです。タロイモは昔のハワイアンの主食で、ハワイアン・フードの中でもとりわけポピュラーな料理の一つです。
ロミロミサーモンは、トマト、タマネギ、サーモンを細かく切って塩を加え、ロミロミ(ハワイ語で“揉み揉み”という意味)した料理のことです。マウイ・オニオンはマウイ島で取れる甘いタマネギです。


ラウラウ、ハワイアン・フード・セット、どれも新鮮で美味しかったです。
クヒオ・グリルはワイピオ渓谷にタロ畑を持っており、これらの料理で使われているラウラウの葉やタロイモは、そこで収穫された正真正銘のメイド・イン・ビッグアイランド素材です!

ハワイ島でハワイアン・フードが食べたくなったら、是非クヒオグリルに行ってみて下さいね。
[PR]
# by big_jin | 2006-04-30 23:25 | ハワイ島の食べ物
ハワイ島コナまで小旅行
今回は、あまり知られていない航空会社「Islnad Air」で行く、ヒロからコナまでの小旅行を紹介します。 

ヒロからコナまでの移動手段は車で2時間半以上かけて陸路を行くというのが主流ですが、先日日本からコナに遊びに来た母(年に2回ほど来ます)を迎えに行くために、初めて空路を利用しました。値段が安かったので、「Island Air」という小さな空港会社を選びました。

ヒロ空港から出発する場合、チェックイン・カウンターが他の空港会社と異なり、観光用ヘリコプターのカウンター近くにあります。
チェックインを終え、いざボーディング・ゲートへ!
他会社のゲートは2階なのに、なぜかこの会社はゲートが1階に!
c0027707_14303066.jpg

そして予想通り滑走路を歩かされます。
c0027707_142827100.jpg

プロペラ機という事で多少不安はありましたが、あっという間に離陸。
普段、車で通っているハマクア・コーストを横目に見ます。
c0027707_14331145.jpg

ハマクア・コースト沿いをよく見ると、滝がいくつか見えます。
c0027707_14334023.jpg

いつも休憩するワイメアをいつの間にか通り過ぎ、ワイコロアのリゾート地が見えてきました。
c0027707_143511100.jpg

すると間もなくタイヤが下りてきます。
c0027707_5444550.jpg

綺麗なビーチを過ぎ、、、
c0027707_14395610.jpg

真っ黒い溶岩が見えてきたら
c0027707_14381539.jpg

もう着陸!!飛行時間は30分弱
c0027707_545644.jpg

シーズンによっても異なりますが、この日は片道たったの$17!(車の場合はガソリン代で$30以上します)
時間もお金も節約できて景色が最高!!まさに一石三鳥ですね(こんな言葉はありませんが)!

P.S.ヒロ発の場合、席は左の窓側がお勧めです!!
[PR]
# by big_jin | 2006-04-28 15:05 | ハワイ島その他
メリー・モナーク・フェスティバル2006
ハワイ島ヒロにて、先週の20日から3日間、世界で最も有名なフラ・イベントの一つ「メリー・モナーク・フェスティバル」が開催されました。ハワイだけでなく、アメリカ本土や日本でも人気の高いイベントということで、普段は静かなヒロの町もたくさんの人々で活気付きました。

ヒロのダウンタウンにあるアロハシャツ屋さん「シグ・ゼーン」も連日大忙し。
c0027707_1213587.jpg
写真中央がデザイナー兼オーナーのシグさん

22日にはパレードも行われ、町が一段と華やかになりました。
c0027707_956301.jpg
子供達がフラを披露

c0027707_9573592.jpg
トラックの後ろで踊るダンサー達


炎天下の中、一生懸命にパフォーマンスをする人達に惜しみない拍手が送られていました。

午後6時から始まるフラダンスの世界大会では、ハワイ島を始め、オアフ島、マウイ島、カウアイ島、そしてアメリカ本土からはテキサス、カルフォルニアのフラ・ハラウ(フランダンスの教室)が参加して、大会を大いに盛り上げました。
c0027707_10125657.jpg
プイリという竹の楽器を使ったダンスが印象的だったオアフ島のハラウ

c0027707_10161162.jpg
カネ(男性)部門でひときわ黄色い声援が多かったカルフォルニアのハラウ

c0027707_10183795.jpg
白のドレスがとても綺麗だったハラウ


どのハラウも甲乙付けがたい華やかさで、とても美しかったです。
大接戦となった今大会でしたが、
男性部門総合優勝は、オアフ島のチンキー・マホエさんのハラウ、
女性部門総合優勝は、ハワイ島のリム・ファミリーのハラウ、
そして男女総合優勝は、女性部門優勝のリム・ファミリーに決定しました。

ハラウの皆さんも、見学にいらっしゃった皆さんも、お疲れ様でした!!
来年も楽しみです!!
[PR]
# by big_jin | 2006-04-26 10:58
ビッグ・アイランド的週末!(後編) 【Mid-Shougoの大海日記】
ALOHA!Mid-Shougoです!

お待たせしました!
ではでは、先週末の続きを話したいと思います。

大興奮の中、ウエットスーツに着替え海に潜ると・・・・・・

c0027707_6222756.jpg

魚、肴、サカナぁ~♪
入った瞬間からアジの群に囲まれました!
もう、水族館のようでした!
初めに断っておきますが、今回の水中写真はこれだけです!!
何時、何処から巨大魚が現れるかもしれないシチュエーションなので、ハンティング
モード全開でした。ごめんなさい。

海の中は、潮の流れは速いは、クジラはすぐそばで跳ねるは、水は綺麗だけど深いは
・・・でとんでもない所でした。

それで、崖登りに支障が出ないくらいの魚を選んで・・・・獲った魚が、こちら!

c0027707_6231741.jpg
左:Omilu(カスミアジ) 右:Knifejaw(イシガキダイ)


魚に詳しくないと分からないと思いますが、ハワイにもイシガキダイがいるので
す!!!!
先祖は日本から黒潮海流によって運ばれて来たとされています。
そのため、ハワイ(特に一番日本から遠いハワイ島東海岸)では超希少種なんです!

イシガキダイを見つけた瞬間、この場所がいかに豊かかが分かりました。
味の方も日本のものと比べて全く遜色無く、僕が思う「ハワイの最高刺身魚」です!

この後、友達十数人で、寿司に、刺身に、アラ汁に・・・・・言葉に表せないくらい
美味しかったです。
ヒロの寿司職人に綺麗に握って貰ったのですが、写真を撮る前に胃の中に納まってし
まいましたとさ。(笑)

注:ハワイのイシガキダイはシガテラ毒を持っている可能性が高いです。
幸いこのイシガキダイにはテストの結果、シガテラ毒の反応は見られませんでした
が、食す前には市販のテストキットで調べることをお勧めします。


<旅のおまけ>
c0027707_6192883.jpg
冗談でロープを引き上げようとする二人。
いや、マジで冗談じゃ済まされないから!!!!!!

しかし、何より無事に帰ってこれて本当に良かったです。

By Mid-Shougo from ハワイ島
[PR]
# by big_jin | 2006-04-24 06:25 | Shougo のハワイ島大海日記
インターナショナル・ナイト
先日、ハワイ大学ヒロ校のシアターで、「インターナショナル・ナイト」という催し物がありました。ハワイ大学に通う留学生を中心に各国を代表が出場して、それぞれ国の文化を披露する、お国自慢大会のようなものです。
毎年4月に行われ、ヒロではとても人気があるイベントの一つです。学生$3、一般$5の入場料で見る事ができます。

まず始めは、迫力のある掛け声と共にはじまるハワイ
c0027707_14493267.jpg
カヒコ(古典フラ)のド迫力に、のっけからテンションが上がりました。

その後も太平洋の島々の人たちが、島特有のダンスを次々と披露!
女性の腰の振りが魅力的なタヒチ
c0027707_14524734.jpg

男らしいダンスで会場を沸かせてくれたサモア
c0027707_14534451.jpg

沖縄舞踊と、三線(サンシン)の弾き語りを披露してくれた沖縄
c0027707_14562482.jpg
c0027707_1457267.jpg
心に残る「涙そうそう」を演奏してくれました。


そして我らが日本代表!
c0027707_151539.jpg
和服を着た女性と、
T-シャツ、短パン、サンダルというハワイ3種の神器を身にまとった男性が登場。
男性の方は「司会かな?」と思った矢先、
二人で日本の童謡を披露。
会場もかなりの動揺。

歌はとても上手でした。和みました。

ただ、日本代表の男性!せめて浴衣、もしくはジンベエを着てほしかった、、
ガンバレ ニッポン!!
来年は僕が出て日本代表として相撲でも披露します。
もちろんフンドシ一丁で!



(うそです)
[PR]
# by big_jin | 2006-04-20 15:18
ビッグ・アイランド的週末!(前編) 【Mid-Shougoの大海日記】
ALOHA!Mid-Shougoです!

先週末はずっと狙っていたWaipio(ワイピオ)というポイントに潜りに行ってきました!
ハワイ島の東北に位置するワイピオは、常に貿易風の影響を受け波があります。
しかし、先週末は嘘のように風が止み、絶好の魚突き日和となりました!

潜る場所はワイピオの少し南に位置し、4WDを駆使してドンドコドンドコ・・・・
そして到着!

c0027707_1419341.jpg
やったー!海だーーーー!!!

c0027707_14194622.jpg
って・・・・・えっ?

分かりますか?この高さ。
ちょっとした落差、と聞いていましたが、これって崖ジャン!

c0027707_142007.jpg
とりあえず、一番落ちても平気そうな友達を、用意した何とも頼りないロープで下らせてみました。

c0027707_14202941.jpg
平気そうなので後に続きます!!!!

c0027707_14204180.jpg
眼前に広がる未開拓の海!

この一つ一つの岩の大きさ!
ダイナミックな地形に潜む大物を想像して、気分は「突き吉三平」です!

ハワイの海はスピアフィッングが合法なので、誰でも気軽に魚を突く事が出来ます。
自由で良いという反面、魚を突いて売る人(それを糧に生きている訳ではない)もいるため、
大抵のアクセスしやすい浜という浜は乱獲の被害に遭うという問題もあります。
特に、海が綺麗で、いつでも穏やかなコナ(西海岸)はそれが顕著に現れます。

逆に海が常に荒れていて、浜へのアクセスの少ない東海岸は海が生き生きしています。
しかし、開発が進んで、浜へのアクセスができるのも時間の問題なんですよね。。

そんな事を考えながら、ワクワクできるような海に潜ることのできる喜びをかみしめました。

この週末の後半はまた次回にアップします!
楽しみにしていてください!

By Mid-Shougo from ハワイ島
[PR]
# by big_jin | 2006-04-18 14:27 | Shougo のハワイ島大海日記
コナ式飛行機の降り方
ハワイ島のコナ国際空港には毎朝、日本からの直行便が到着します。
c0027707_13183017.jpg
さすがジャンボジェット機!とにかくデカイです。
c0027707_1320175.jpg
コナ空港には一般的な国際空港のように、大きな建物がありません。
c0027707_1328989.jpg
到着した飛行機は滑走路に止まり、乗客はそこから階段で降り、空港の建物まで滑走路を歩きます。
c0027707_1545247.jpg
ジャンボジェット機から階段で直接滑走路に降りるなんて、ちょっとVIP気分ですよね。
[PR]
# by big_jin | 2006-04-16 13:37
プルメリア
先日、コナに行った時に真っ赤なプルメリアを発見!あまりに鮮やかで綺麗だったので、観光客の方々が沢山いる中、気付いたら人目もはばからずに写真を撮っていました。
c0027707_14434350.jpg
ハワイアン・ジュエリーや、ハワイアン・キルトの柄としてよく使われているプルメリアは、すっかりハワイの花として定着しつつありますが、実は中南米原産のお花なのです。
c0027707_14343149.jpg
また、東南アジアでは寺院や墓地に植えられ、地域によっては「死者の花」とも呼ばれているそうです。
c0027707_14354042.jpg
香りの良いプルメリアのレイはハワイでとても人気がありますが、病院などのお見舞いや、お年寄りへの贈り物としてはあまりふさわしくないようです。

日本で言うところの、お見舞いに菊のお花を持って行くようなものなんでしょうね。
[PR]
# by big_jin | 2006-04-10 15:02 | ハワイ島の植物さん
ハワイ島から見える島
ハワイ諸島の端(南東)にあるのが、僕の住んでいるハワイ島です。
ここから北西に向かって島が連なっているのですが、すぐ隣にあるマウイ島とハワイ島北端の距離は、約70kmしか離れていません。ですので、天気が良ければハワイ島から隣の島を見ることができます。

c0027707_9405842.jpg
コハラ・コーストから見たマウイ島

c0027707_9451951.jpg
ハマクア・コーストからも見えます

マウイ島にはハレアカラ(標高3055m)という大きな山があるため、島の北部からよく見えます。また運が良ければ、その横にあるカホオラべ(Kaho'olawe)島も肉眼で見ることができます。

c0027707_9493321.jpg
ワイコロア付近にて撮影

ハワイ諸島が乗っている太平洋プレートは毎年数cmずつ日本方面に動いてるので、いつかハワイ島から日本が見える時が来るのかもしれませんね。
気長に待ちましょう!(100億年ほど)

by 大型日本人ガイドBIG-JIN
[PR]
# by big_jin | 2006-04-08 09:52 | ハワイ島その他
ハワイ大学ヒロ校の授業【Mid-Shougoのハワイ島大海日記】
Aloha! Mid-Shougoです!

実は、僕はハワイ大学マリンサイエンス学部の学生でもあります。
今日は授業で、ハワイ島Puna地区にある環境保護区Kapoho(カポホ)に行ってきました!
ここには大きなタイドプール(磯に出来た潮だまり)があって、誰でも安全にシュノーケリングが楽しめます!
授業の内容は、「シュノーケリングを用いた一区間の魚種量調査」といったところでしょうか?
僕は「書き留めるより撮る方が簡単だから」という理由でカメラを持たせてもらいました(嬉)。
とにかく水が綺麗で、魚種も豊富で、しかも浅いので、写真を撮るには最適です!

c0027707_1341796.jpg
調査とはこのように、ボードに確認した魚を記録していくというものです。

c0027707_13412222.jpg
これがその時作った最高のバブルリングに、

c0027707_13413523.jpg
その日のベストショットです!


え?調査はどうしたって?
名目上は「調査」ですが、先生も生徒に息抜きの時間を与えてくれたのだと思いま
す。(希望的観測)

こんな授業が受けたい方は是非ハワイ大学ヒロ校へ!!!!

by Mid-Shougo from ハワイ島
[PR]
# by big_jin | 2006-04-04 13:43 | Shougo のハワイ島大海日記
ロコモコ (ハワイ島コナ編)
先日、ハワイ島カイルアコナにある僕のお気に入りのレストラン “Kona Mix Plate” までロコモコを食べに行ったところ、その日は残念ながらお休み。ちょうど中にいた若い清掃員に聞いてみると、「オーナー達はバケーション中だよ」とのこと。ハワイからバケーションって、どこへ行くのでしょう?

それはさておき、

もう僕のお腹はロコモコ以外受け付けない状態になっていたので、その清掃員にコナでお勧めのロコモコ店を聞きました。どうやら、カイルアコナのモク・アイカウア教会の裏手にある“Big Island Grill”というレストランが、ボリュームもあるし、味も良いのでコナのロコの間では大人気とのこと。

早速、そのお店に行ってきました。
c0027707_163351.jpg
平日にもかかわらず、かなりの人で賑わっていました。
お腹をならしながら20分程待ち、やっと席に案内され沢山あるメニューの中から迷わず「Loco Moco プリーズ!」(約$8)。無事に注文。
c0027707_16343066.jpg
出てきたロコモコの量にまず感動!
茶碗3杯分はありそうなご飯の上にのった約3cmのぶ厚いハンバーガー!!
そして味の決め手となるグレービーソースも美味しい!!
オノリシャス!!
(↑“おいしい”を意味するハワイ語“Ono”と英語“Delicious”を合体させた造語)

ここのロコモコ、かなりお勧めです。
(ただし多すぎて食べきれない可能性もありますのでご注意ください。)

by 大型日本人ガイドBIG-JIN
[PR]
# by big_jin | 2006-04-02 16:20 | ハワイ島の食べ物
Bugs!! 【Mid-Shougoのハワイ島大海日記】
ALOHA!
JINさんと比べたらMidサイズな、身長181cmのShougoです!

ハワイではLobster(ロブスター)のことをニックネームでBug(昆虫)と呼びます。
確かに海の中の昆虫ですが、これほど見付けた時に興奮する昆虫はいません!

c0027707_851953.jpg
上の写真は捕獲したい衝動を抑えてシャッターをきった一枚です。
この模様を見るだけでドキドキするのは僕だけでしょうか?

エビは日中このように岩下に身を潜め、日が沈むと活動し始めます。
なので、ロブスターハンティングは主に夜中に行われ、歩いているエビをライトで照
らしながら掴みます!
正直、夜の海を恐れない人なら誰でも簡単に獲れてしまいます。

エビの乱獲を防ぐため、ハワイには主に以下のルールがあります。
・ サイズ規定(甲殻長8.26cm以上)
・ Rの付く月以外は禁漁期間とする。(例:JanuaryはOK、Augustはダメ!)
・ 素手での捕獲(掴み取り)。
・ 卵持ちは獲ってはいけない。

c0027707_844849.jpg
よって、このエビはリリースします。

ハワイにまだまだエビがいると言う事実が、みんながルールに従って楽しんでいると
いう事を証明しています。
未来のちびっ子ダイバーも、このルールの下にロブスターハンティングが楽しめたら
・・・・と思います。

by Mid-Shougo from ハワイ島
[PR]
# by big_jin | 2006-03-29 08:05 | Shougo のハワイ島大海日記
バニヤンの木の下で
ハワイ島ヒロの町には多くのバニヤン・ツリーが立っています。
c0027707_6553275.jpg
成長が早く、70年程度で直径3,4mの巨大な樹に成長します。
c0027707_656514.jpg
c0027707_6593882.jpg
暑い日にはバニヤン・ツリーの木の下が格好の休憩場所になります。
c0027707_72868.jpg
木の下で、エクササイズするも良し、

c0027707_725474.jpg
弁当を食べるも良しです!!

[PR]
# by big_jin | 2006-03-27 07:13 | ハワイ島の植物さん
ハワイ島のカスミアジ 【Mid-Shougo のハワイ島大海日記】
はじめまして。Big-Jinさんのルームメイトの“Mid(中サイズ)-Shougo”と申します。
このブログでは以前に何度か写真を紹介していただいたのですが、これからはお邪魔して記事を書かせてもらうことになりました。
ハワイ島の海について、頑張って紹介していきたいと思いますので、宜しくお願いします。

今回は、自分が撮った初めての水中写真を紹介します。

c0027707_1362147.jpg
合成!?
と思われるかもしれませんが、僕もそう思いました(笑)
青く透き通るヒレをピンっと立て、フラッシュで全身で受け眩しく光るボディー、そしてこの完璧な立ち(泳ぎ)位置は海のベテランモデルです!
僕の腕を被写体が見事にカバーしてくれました。

この綺麗な魚はハワイ語で「Omilu」、日本語では「カスミアジ」といいます。
小さな子供は撮りますが、
大きくなると、

c0027707_1375430.jpg
獲っちゃいます!
小さいうちは綺麗な海を彩る熱帯魚のようですが、大きくなれば迫力のある海の捕食者です。

刺身にアラ煮に、脂ののった美味しい魚です。
ご馳走様でした!

by Mid-Shougo from ハワイ島
[PR]
# by big_jin | 2006-03-24 13:12 | Shougo のハワイ島大海日記
マカデミアナッツ
先日訪れたハワイ島のドトール農園ではマカデミアナッツの花も咲いていました。
c0027707_2033441.jpg
香りはあまりしませんが、白くて綺麗な花でした。

そして、ハワイ島産チョコレート菓子の(中身の)代表、マカデミアナッツの実も生っていました。
c0027707_20352968.jpg
(ピントが奥の葉っぱに合っちゃいました・・。もっと良い写真を撮れるように修行します)

緑の外皮を剥がすと、中から茶色の硬い殻に包まれた実が出てきます。
この状態で食べると歯が折れるので、今回は機械(ナッツ割り機)に頼ります。
c0027707_2044506.jpg

すると殻の中から、
見覚えあるの実が登場!
c0027707_205228100.jpg

そのまま食べるとほのかに甘いです。
ドトール農園を訪れた際には是非、生のマカデミアナッツを食べてみてくださいね。
[PR]
# by big_jin | 2006-03-19 21:00 | ハワイ島の植物さん
ハワイ島はコーヒーの花、満開!!
現在、ハワイ島西部にあるコナコーヒーの産地ホルアロアでは、満開に咲き誇るコーヒーの花を見ることができます!!辺り一面ジャスミンに似た良い香りが漂います。

c0027707_5555936.jpg
ドトールコーヒー農園にて

c0027707_556221.jpg
真っ赤なコーヒー豆とは対照的に、真っ白い綺麗な花が咲きます。

某有名野球選手が植えたコーヒーの木にも、満開の花が咲いていました。

c0027707_5563764.jpg

[PR]
# by big_jin | 2006-03-16 05:57 | ハワイ島の植物さん
パイナップルの花
オアフ島レポート2回目は、ドールプランテーションを紹介します。
c0027707_15215348.jpg
前回紹介したエビの店と同じく、オアフ島に行ったら必ず訪れる場所の一つ。
もちろん、目的は美味いものです!
c0027707_15221787.jpg
このパイナップルのソフトクリームが絶品!

もちろんアイスクリームだけじゃなくて、売店の裏手には、様々な種類のパイナップルが植えられています。
c0027707_15223185.jpg

中にはなんと、花が咲いているものも!
c0027707_15224629.jpg

c0027707_1523082.jpg
実の隙間からピンクの花が咲いています。

結構綺麗ですけど、めったに見ることのないパイナップルの花。
まさかこんな所から咲いているとは。。
[PR]
# by big_jin | 2006-03-14 15:23
ハワイの機窓から
ハワイ島のヒロ空港からオアフ島のホノルル空港まで飛行機に乗る際、僕はいつも右列の窓側の席に座ります。この席に座ると、運が良ければハワイ島の山々を始め、マウイ島、カホオラヴェ島、ラナイ島、モロカイ島、オアフ島の6島を眺める事ができます。またこの季節は、クジラが見えることもありますよ。

1.
ヒロ空港を飛び立ってハワイ島を過ぎると、最初にマウイ島のハレマウマウ山が見えてきます。(カホオラヴェ島は今回見えませんでした)
c0027707_176128.jpg
ハレマウマウ山(マウイ島)

2.
マウイ島を過ぎると今度はラナイ島、モロカイ島が続けて現れます。
c0027707_1765644.jpg
ラナイ島とモロカイ島

3.
細長いモロカイ島を過ぎると、いよいよオアフ島に到着です。
c0027707_1772457.jpg
オアフ島


皆さんも島間フライトの際には、是非窓側に乗ってください!
僕は機内でずーっと、年甲斐もなく窓に張り付いています。
[PR]
# by big_jin | 2006-03-08 17:09
ノースショアでエビを食べる
報告が送れてごめんなさい。オアフ島から無事戻りました。
あっちではレンタカーを借りて、ワイキキ、マカハ方面、ノースショア、東海岸と島中を縦横無尽に走ってきました。レポート第1回目は、オアフに行ったら必ず食べに行くほど気に入っている、ノースショアのエビを紹介します。
c0027707_1643144.jpg
このワゴンでエビが売られています(タートルベイリゾートを過ぎたあたりに停まっています)。
ちなみに、以前行った時はもっと小さなワゴンでした(下写真)。いつも行列ができているほどの盛況ぶりなので、さぞかし儲かっているのでしょう。羨ましい!
c0027707_16443472.jpg

そしてこれがそのエビ。↓

c0027707_16445863.jpg
ニンニクたっぷりのガーリックスカンピ。お値段$12と高めですが、絶品です。

ただこれを食べた後、人に会うのはやめた方が良いかもしれません。
ゲッ○で人が殺せるんじゃないかと思うほどのニンニク量ですから。
[PR]
# by big_jin | 2006-03-04 16:47
ハワイ旅行
ヒロの日本人学生の間では、オアフ島に行く事を「ハワイに行く」といいます。
つまり、日本人が”ハワイ”と聞いてまず想像するのはおそらく”オアフ島”のことであって、ヒロの日本人学生にとっても、オアフ島は観光客気分で行ける”リゾート地”なんです。ハワイ島にはハワイ島の良さがありますが、時々、オシャレな日本人観光客で溢れる”絵に描いたようなハワイリゾート”も味わってみたくなるんですよ・・。

って事で、明日から3日ほどハワイに行ってきます

c0027707_19314652.jpg
でも知人の世話で観光できないんですけどね(涙)。
来週はオアフ島レポートを載せます。
[PR]
# by big_jin | 2006-02-25 19:42 | ハワイ島その他
ツルのお持ち帰り
日本には「甘栗むいちゃいました」という人気商品がありますが、
ハワイ島で人気なのがこれ。
c0027707_20353011.jpg
“Tsurus To Go”

直訳すると「お持ち帰り鶴」。
日本で売るなら

「折り鶴おっちゃいました」

で決まりですね。
完成した折り鶴が12個入ってお値段なんと$2.99(約320円)!!

c0027707_2035851.jpg
手が大きくて上手くツルが折れない僕のような人間からすると、涙が出るほど嬉しい商品です。あの子が病気になった時、8月6日、いろんな時にこれがあると助かります。

日本じゃ売れないですよね、、
[PR]
# by big_jin | 2006-02-23 20:40 | ハワイの文化
ハイリフト
ハワイ島では車の改造に力を入れる人が多く、車高を上げるハイリフトという改造が特に人気があります。

例えばこれがノーマルのトラックで、
c0027707_1730467.jpg

これがハイリフト仕様のトラック。
c0027707_1732571.jpg


さらに、
これがノーマルのゴルフカートで、
c0027707_17342113.jpg

これがハイリフト仕様のゴルフカート
c0027707_1735662.jpg

遊び心たっぷりですよね!(乗り降りに苦労しそうですが)
[PR]
# by big_jin | 2006-02-21 17:42 | ハワイの文化
ハワイ島のアンスリウム
c0027707_18354938.jpg
上の写真は、ハワイ島ヒロのダウンタウンで催されているファーマーズマーケットの様子。赤丸で囲ってある部分で売られているのは、アンスリウムという南米原産のサトイモ科の花です。溶岩質の多い痩せた土地でもよく育つので、ハワイ島ではランと共に多くの農家さんが育てているポピュラーな花です。

直射日光に弱いため、パホア、マウンテンビューといった比較的雨の多い地域で育てられています。それでも毎日曇っているわけではないので、多くのアンスリウムの農家は「シェード」とよばれる黒い日除けをビニールハウスに被せます。ハワイ島で黒い巨大なテントのような物を見たら、それはアンスリウムのハウスだと見て間違いないでしょう。(もしくは僕のテント)

c0027707_18494865.jpg
よく花びらだと思われがちな真っ赤な部分は、「ほう」(草冠に包)と呼ばれる葉が変形した部分で、花は真ん中についている尻尾のような部分(花序)にあります。

ハワイのアンスリウム農家の中には日系人が多く、日本の名前がついているものもあるんですよ。
c0027707_18542570.jpg
例えば上写真手前左にある緑がかった大きめのアンスリウムは「OBAKE」という名前。
ですので、ハワイの花屋さんで「オバケ プリーズ!」と言うとこの大きなアンスリウムが出てきます。
c0027707_1910448.jpg
  
アンスリウムは花持ちも良く、色鮮やかで値段も安いので、ハワイ島に長期滞在される場合は是非購入して、ホテルやコンドミニアムの部屋に飾るのをお勧めします。南国気分が一層高まると思いますよ。
[PR]
# by big_jin | 2006-02-18 19:12 | ハワイ島の植物さん
青と白のコントラスト
今日は快晴、ハワイ島!
青い空と海、白い雲と雪。
c0027707_19193017.jpg
ハワイ島で晴れた日のドライブは最高です!
(脇見運転はしないよう注意してくださいね)
[PR]
# by big_jin | 2006-02-17 19:13 | ハワイ島の大自然